2017年9月14日

【人生】最近の小学生があまりに大人すぎる話

こんにちは、アラサーライターの小夏です。

 

30歳を超えてゾロ目になった今、「もっと激しい夜に抱かれたい」と思うこともなくなりました。平和が一番。仕事終わりにビールが飲めればそれで幸せです。

 

そんなことよりも、

「このまま一生独身だとしたら、今から貯金とかちゃんとした方がいいのかな・・・。」

と不安になってきます。

 

そんな私が今回取材してきたのは5歳から12歳までの「夢見る少女」たち。

今の少女達は一体どんな人生を夢見ているのでしょうか?

 

 

※取材中写真※

 

※松岡芽依ちゃん写真※

 

最初にインタビューに答えてくれたのは、8歳の芽依ちゃん。

夢は、ミュージカル女優だそうです。

 

芽衣:ライオンキングの歌が得意です!

♪かっこいいタテガミたなびかせて、おっかない声で吠えてみせる!♪

♪ガウ!♪

 

小夏:(可愛すぎる・・家に連れて帰りたい。)

 

芽衣:アニーのダンスもできます!

   Hey,Daaper Dan ・・・Without a smile!

 

日々の生活でささくれだった心も穏やかになる芽依ちゃんスマイル。すばらしい。

 

続いては、今回最年少、5歳の咲華(さら)ちゃん。将来の夢は「お母さん」。お母さんになったら、子供達のためにご飯を作ってあげたいんだそう。

 

※猪股さらちゃん写真※

 

小夏:咲華ちゃんはお母さんのどこが好き?

 

咲華:おもちゃ2個買ってくれて、ぎゅーして、ちゅーしてくれる。

 

※猪股さらちゃん写真※

 

恥ずかしがりながらも、一生懸命答えてくれました。咲華ちゃんは、寝ている赤ちゃんが可愛くて好きなのでお母さんになりたいんですって。

 

その他にも、少女達の将来の夢は、バスケの選手やパイロット、アナウンサーや保育園の先生など・・・。

 

※取材中写真※

 

小夏:みんなかわいいな~私にもこんな時代あったな~

 

取材しながら思わずほっこりする筆者。

そこで登場したのが・・・。

 

 

 

少女:佐藤心音(しおん)11歳、小学6年生です!(キリっ)

 

 

 

小学生とは思えないしっかりした口調で話す、心音ちゃん。

彼女の将来の夢とは・・・?

 

 

心音:私は、フライトドクターになりたいです。

   きっかけは、コード・ブルーというドラマです。

 

小夏:私も見てる見てる~~!!(子供と話が合って嬉しい・・!)

     なんでなりたいの?

 

心音:現場に行って怪我をしている人を冷静に治療する姿に憧れます。

 

 

   今は機械とかが発達して、医療は良くなってきてるけど、

   現場に行って治療することはロボットにはできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、現場に行って一生懸命治療して、

患者を一人でも多く救ってあげられるようになりたいです!

 

 

小夏:・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小夏:(・・はっ。圧倒されていた・・・)

     え、で、でも~お医者さんって勉強とか大変そうじゃない?

 

心音:新しい知識を身に着けるのが楽しいので勉強も好きです。

   今、漢検2級の勉強をしていますが、例えば、漢字を覚えればより難しい本も

   読めるようになります。

 

漢検2級・・・。思わずググりましたよ過去問。

「柳暗花明」・・読めます?これ?「りゅうあんかめい」ですって。

「春の野が花や緑に満ちて、美しい景色にあふれること」だそうですよ。

 

こんな難しいお勉強も楽しいという心音ちゃん。彼女に、こんな質問もぶつけてみました。

 

 

小夏:心音ちゃんから見て、今の大人ってどう思う?

 

心音:今自分が生きているのは、両親や先生など周りの人のおかげだなって強く思います。

   でも・・・

 

小夏:でも!?

 

心音:歩きながら煙草を吸う人や、電車の中で混んでいるのに新聞を広げている人は、

   どうかなって・・・。

 

小夏:そういう人にはどうなの!?ムカつくの!?

 

心音:うーん・・・。どんな人にも悪い面だけじゃなく、いい面もあると思うので、

   いい面を社会に出して行ってほしいです。

 

小夏:(大人すぎる・・!)

 

悪い大人も完全否定せず、赦しの心まで備えている心音ちゃんに、今、世間を騒がせている時事問題についても聞いてみました。

小夏:ちなみに、今議員さんとか芸能人とかの間で不倫問題が騒がれてるけど、

     どう思います?

 

心音:好きになる気持ちはしょうがないなと思うけど、

周りの気持ちも考えるべき、と思います。

   あとは、世間も騒ぎすぎじゃないですかね。

 

小夏:(す、すみません・・)

     どうして騒ぐのはダメだと?

 

心音:本人たちも辛いと思うし・・。

 

小夏:(ごもっとも・・)

     ちなみに、日本はこれからどうなっていったらいいと思います?

     総理大臣になったらどんな政策を!?

 

心音:男の人が優位な時代が昔にはあって、今は良くなってきてると思うけど、

   まだ男の人優先だなと思うことがあるので、女の人もトップに立てるような

   そういう社会にしていきたいです。

 

もう、ぜひとも彼女に女性初の総理大臣になって欲しい。

「夢見る少女達へのインタビュー」ということで、若干上から目線で大人ぶって接していたのが恥ずかしくなってきました。果たして、自分は大人と言えるのだろうか・・。

 

疑問がわいてきたところで、更に筆者の胸をえぐる発言をする少女が登場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美和子:こんにちは!大久美和子です!

将来の夢はミュージカルスターになることと広いお庭で動物や植物に

    囲まれて暮らすことです。

 

バラのワンピースが素敵な小学校5年生の美和子ちゃん。

なんだかすでに大女優の風格です。

 

 

小夏:美和子ちゃん・・大人って何だと思う?

 

美和子:私、大人じゃないからわかんないんですけど、

大人は社会のことを考えないとだめだなって思います。

やっぱり社会のことがわかんなきゃ暮らしていけないって思う。

 

小夏:(わーーー!自分のことで精いっぱいのまま30歳超えてしまいました!すみません・・。)

 

ちょっぴり辛口の美和子ちゃんですが、将来の夢はミュージカルスター。なんとも可愛らしいじゃないですか。思わず、こんな質問をぶつけてみます。

 

小夏:ミュージカルスターになったらさ、結婚とかはどうするの?

 

美和子:結婚は・・どちらかと言うとしたくないです。

 

小夏:えっ。どうして・・・?

 

美和子:子供は欲しいけど、忙しいスケジュールにふり回しちゃうとかわいそうだから。

 

小夏:・・じゃあ結婚や子供とミュージカルだったら、ミュージカルを優先させるってこと・・?

 

美和子:はい!(キッパリ)

小夏:え、でも結婚もミュージカルもどっちもって思わないの・・?

 

美和子:両方ともやりたいですけど、難しいかなって。

 

 

覚悟の決め方に完敗です。「仕事頑張りたいけど子供も欲しいな~」とか、「子供欲しいけど今は仕事頑張りたいしな~」とか言ってた自分が恥ずかしい。

「仕事と私、どっちが大事?」とか、彼女にとってはマジで愚問なんだろうな、と思わされます。

 

大女優の風格、美和子ちゃん。彼女は昨今の芸能界の風潮にも辛口です。

 

 

美和子:なんていうか・・・特に今、妊娠して引退とか多いじゃないですか。

そういうのはどうかなって。

 

小夏:えっ。最近できちゃった婚って結構多いけどダメ・・・?

 

美和子:妊娠するなら芸能界やめてくださいって思う。

 

小夏:(き、きびしい・・・)

 

美和子:…でもまあ、妊娠したなら赤ちゃんのほうが大事

    赤ちゃんか、仕事かって考えたらね・・・。

 

 

妊娠したからには、責任を持って赤ちゃんを産み、育てるべきだそうですよ・・・・・・。

 

夢見る少女達への取材・・・思わぬ展開になりました。

この他にも、子供達に「今の大人」について聞いてみたところ、こんな大人はダメ!ということで以下のような回答が。

 

・歩きスマホをする人

・歩きたばこをする人

・飲食店で店員さんに横柄な対応をする人

・テレビばっかり見てぼーっとしている人

・相手によって態度を変える人/えこひいきする人

・すぐ怒る人

・ペットを飼っても責任もって育てず捨てる人

・ニュースを見ないで漫画やアニメばかり見ている人

・過保護すぎるママ

・愚痴ばっかり言う人

・仕事をすぐやめちゃう人

・くだらないことでもめている国会議員

・あいさつ・返事をしない人

 

 

大人達のことを冷静な目で見て、色んなことを考えながらも、大きな夢を持つ少女達。

彼女たちのキラキラした笑顔は、かつて、夢見る少女であった頃の自分を思い出させてくれました。初心に返って、明日からもお仕事頑張ります。

 

夢見る子供達の未来のために!

SERViCESERViCEこの記事で紹介しているサービス

auの生命ほけん

関連するサービスの内容を表示します。 生命保険事業

RWiTERRWiTERこの記事を書いた人

小夏

あんまり知らないふりしてなんでもズケズケと聞いちゃう女。特技は酔っぱらった人によく絡まれること。好きなものはスルメイカと花火、嫌いなものはすごい酔っぱらった人。いつもはテレビのお仕事をしてます。

気に入ったらシェアしよう!

  • LINE

NEW HiNT!おすすめ関連記事

SERViCEauのライフデザインサービス

COPYRIGHT © KDDI CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED.